「SMTP認証を行う仕様に変更する」という連絡が、契約しているプロバイダーから届きました。何か設定が必要ですか?

「SMTP認証」とは、スパムメールの大量送信からメールサーバーを守るため、「ユーザーID」と「パスワード」の確認後、メール送信する方式のことです。

ウイルスメールや迷惑メールの送信による、セキュリティーの低下を避けるための対策として、多くのプロバイダーが「SMTP認証」の導入をすすめています。

「SMTP認証」が導入された場合、メールサーバーの設定を変更しないと、「Pro.メール2.0 専用メールソフト」を使用してのメールの「送信」が一切できなくなります。

プロバイダーのホームページなどをよくご覧になり、その指示に従って設定を変更してください。

TOPへ戻る