アンチウィルスソフトを使用している場合に、送受信でエラーが起こるのですが…

インターネットセキュリティー系やパーソナルファイヤーウォール系のソフトをインストールしていると、そのソフトの影響で、「Pro.メール2.0 専用メールソフト」の送受信が拒否されてしまうことがあります。特に「Pro.メール2.0」をバージョンアップした後で症状が出る場合が多いようです。

それらのソフト側で「Pro.メール2.0専用メールソフト」を正しく登録し直してください。またはファイヤーウォール系ソフトを使わないのであれば、完全にソフトをアンインストールしてください。たとえファイヤーウォール系ソフトを起動していなくても、アンインストールしない限り、動作しつづけることが多いからです。

「mail.****.co.jp への接続に失敗しました。(connect, code=10061) 」というようなエラーが表示されて、送受信できない場合、原因としては、セキュリティーソフトで「Pro.メール2.0専用メールソフト(promail.exe)」が許可されていないことが考えられます。

セキュリティーソフト側で、「Pro.メール2.0専用メールソフト(promail.exe)」が「許可」されるように、プログラムを正しく登録してください。

TOPへ戻る