受信したメールの「From:」や「To:」を変えずに、そのまま転送できますか?

はい、できます。転送したいメールを選択して右クリックし、表示されるメニューから「そのまま転送」を選択します(「ファイル」→「そのまま転送」でも可)。

「そのまま転送の宛先指定」画面が表示されるので、「Resent-To:」に転送先のメールアドレスを指定します。「To:」ヘッダと同様に、コンマで区切って複数指定したり、アドレス帳のグループを指定したりできます。
そのまま転送の宛先指定

「そのまま転送」で作成されるメールには、普通のメールで作成される「From:」ヘッダや「To:」ヘッダの前に「Resent-」で始まるヘッダが追加されます。元のメールにある「From:」ヘッダなど、主要なヘッダはそのまま残ります。

「そのまま転送」コマンドは、元のメールを完全な形で転送するわけではありません。例えばHTMLメールのHTML部分は削除され、メールのエンコード方式も元のメールのエンコード方式に関係なく、「Pro.メール2.0 専用メールソフト」側でエンコードしなおされて転送されます。

なお、転送メールをエディタで開いて、内容を編集することも可能です。

TOPへ戻る