Outlook Expressなど、他のメールソフトのアドレス帳を利用することはできますか?

アドレス帳ファイルを直接インポートする機能はありません。

しかし、「Pro.メール2.0 専用メールソフト」のアドレス帳はシンプルなテキスト形式のファイルなので、移行元のアドレス帳をCSV形式で保存すれば、データ形式を編集することによって、「Pro.メール2.0 専用メールソフト」のアドレス帳として利用できます。

Outlook Expressのアドレス帳を「Pro.メール2.0 専用メールソフト」のアドレス帳として利用するには、以下の手順で行います。

  1. Outlook Expressで、「ファイル」→「エクスポート」→「アドレス帳」を選ぶ
  2. 「テキストファイル(CSV)」を選び、「エクスポート」を選ぶ
  3. ファイル名を入力して「次へ」ボタンを押す
  4. エクスポートしたい項目を選び(「表示名」と「電子メールアドレス」の2つだけにするとよい)、「完了」ボタンを押す
  5. 確認メッセージに「OK」ボタンを押し、「閉じる」ボタンを押す
  6. 「Pro.メール2.0 専用メールソフト」のアドレス帳ファイル(「AdrBook.txt」という名前。ホームディレクトリ=通常は、「c:\Pro Mail Data」にある)を開く。アドレス帳が見つからない場合は、「Pro.メール2.0 専用メールソフト」でアドレス帳を呼び出し、数人分のメンバーを登録してから再度確認する
    アドレス帳ファイル
  7. Outlook Expressからエクスポートしたアドレス帳ファイルをメモ帳などで開く
  8. Pro.メール専用ソフトのアドレス帳ファイル(「AdrBook.txt」)に、Outlook Expressでエクスポートしたファイルの内容を貼り付ける

    ※データの順序は次のとおり
     - 1番目が表示名
     - 2番目がメールアドレス
     - 3番目が登録日、分からない場合は何も無しでもよい
     - 4番目以降は自由

    ※Outlook Express側でエクスポートしたデータが「表示名,メールアドレス」のみの場合は貼り付けるだけでよい

  9. 編集が終わったら、「AdrBook.txt」を保存する

移行できたら、「Pro.メール2.0 専用メールソフト」でアドレス帳を呼び出し、内容を確認してください。

Outlook Express以外のメールソフトでも、上記のようなコンマ区切りテキスト形式で「AdrBook.txt」を作成し、利用してください。

TOPへ戻る