コンピューター・ウィルスが心配なのですが…

メールに添付されたファイルを個別にウィルスチェックしたい場合には、添付ファイルのアイコンの上で右クリックしてください。アンチウィルスソフトがインストールされていれば、ウィルスチェックのためのメニュー(たとえば「Norton AntiVirusでスキャン」など)が表示されます。

受信したメールすべてをチェックしたい場合、「Pro.メール2.0 専用メールソフト」用のホームディレクトリ配下をすべてウィルスチェックしてください。「Pro.メール2.0 専用メールソフト」は、メールに含まれている添付ファイルを取り出して、各アカウント配下の「受信添付」フォルダ配下に普通のファイルとして保存します。特にメールソフトに対応したウィルスチェックソフトを使わなくても、そのまま普通にチェックできます。

添付ファイルを開くだけで感染するタイプのウイルスに対しては、「設定」→「全般的な設定」→「ウィルス対策」の画面で、「怪しい添付ファイルの自動削除」の「自動削除するファイル指定」欄に、ウィルスが含まれると考えられる拡張子を指定し、受信時に自動的に削除するように設定できます。「怪しい添付ファイルの自動削除」は全般的な設定ですので、全アカウントに適用されます。したがって、ログを残す場合は、事前に「各アカウント毎」に下記の「◆ログを残す設定」が必要です。
ウィルス対策

◆ログを残す設定

本当に必要なファイルが削除されてしまった場合でも、再度受信できるように、重要なアカウントに関しては、受信メールのログを作っておくことを推奨します。「設定」→「アカウント毎の設定」→「上級者向け設定」にチェック→「上級者向け」の「+」→「ログ」の画面で、「受信メールのログを作る」にチェックが入っていることを確認してください。
ログ設定

◆必要なファイルが自動削除された場合の復元方法

  1. ファイルが添付されたメールを選択する
  2. 添付ファイルのアイコンを右クリックし、表示されるメニューから「受信解析のやり直し」を選択する
  3. 『~削除してもいいですか?』という確認メッセージが表示されるので、「いいえ」ボタンを押す
  4. 該当の添付ファイル付きメールが正しく再受信される
TOPへ戻る