テレワークツール

「Pro.メール2.0」はチーム業務で大切な「スムーズなコミュニケーション」をIT化で実現。それにより、オフィス、出張先、自宅など、場所に縛られずに仕事をすることができ、生産性がアップします。つまりテレワーク導入の有効な手段なのです。

従来の「テレワークでは仕事が限られる」という考えを、「テレワークでも可能なほど社内業務をIT化する」へと、発想の転換を可能にするのが「Pro.メール2.0」です。

通常の会社業務と同等の職種が可能という発想

従来型のテレワークでは、資料作成、翻訳、データ分析など、できる業務がある程度限られていました。

「テレワークだからこの仕事(しかない)」という考えを、「テレワークでこの仕事をしたい」と考えられるような業務環境を整えることで、テレワークの職種が広がります。「Pro.メール2.0」ならテレワーカーがメインワーカーとして働ける、新しいテレワーク形態の実現を可能にします。

どこでも仕事ができるという発想

会社での業務には、通勤、出張、残業…などさまざまなストレスが発生します。また出産、育児、介護などの場合は、仕事を続けることすら難しくなります。

業務をIT化することで、場所に縛られずに仕事ができ、交通費の削減、心の健康維持が可能に。また家族との時間を持つこともでき、子育てや介護をしながらでも、仕事が続けられます。

「Pro.メール2.0」活用の効果

  • 有能な人材の確保
  • 人材流出の防止
  • 社員のメンタルヘルス対策

生産性が向上するという発想

いくら社内業務のIT化を進めても、「報告・連絡・相談」などの業務コミュニケーションがスムーズに行なえなければ、情報が一元化されず、業務効率を向上させることはできません。

それを可能にするのが「Pro.メール2.0」!

  • 情報のデジタル化
  • 業務の見える化
  • トラブルの防止
  • 時間の効率化
  • 個人業務の効率化
  • 勤務場所の自由化
  • オフィス経費の削減
  • 社内全業務の効率化

導入実績

株式会社ワイズスタッフ
株式会社テレワークマネジメント

TOPへ戻る