オフィス業務のIT化

グループウェアの導入、ペーパーレス化、フリーアドレスなど、ますます加速する業務のIT化。その機能の活用は万全ですか?口頭のやりとりで、情報が正しく「記録」されない、個人ごとにメールで「報告・連絡・相談」を行うため、情報の共有、一元化ができていないなど、業務のコミュニケーションがうまくとれないと、生産効率はあがりません。

「Pro.メール2.0」は、業務コミュニケーションを円滑にし、効率の良い「オフィス業務のIT化」をお手伝いします。

「オフィス業務をIT化」とは

オフィス業務の効率を向上させるために、グループウェアの利用、ペーパーレス化、フリーアドレス(※)などの導入を行うことです。IT化することで、業務連絡や、会議資料、報告書などの作成が、効率よく行えます。
(※フリーアドレス:社員が個々に自分用の席を持たないオフィススタイル)

従来のオフィスツールとの違い

業務のIT化は進んでも、その機能が充分に活用されていなければ、効率は上がりません。

従来の問題点

  • 業務を進める上で大切な「コミュニケーション」が、口頭で行われることが多く、情報が正しく「記録」されない。
  • メールを利用する際は、「報告・連絡・相談」が個々でバラバラに行なわれるため、情報が共有できず、情報漏れが発生する。

「Pro.メール2.0」導入による効果

オフィスの場所にとらわれず、コミュニケーションと情報を「見える化」「一元化」「記録」することができ、業務効率がさらに向上します

  • 「言った」「言わない」等のトラブル防止になる。
  • 他のスタッフの業務状況の把握ができる。
  • 「会議」「打ち合わせ」のための準備作業、移動負担が軽減される。
  • 報告書・議事録作成の軽減を図れる。
  • 個人の業務意識が向上する(見られているという意識)。
  • 離れた場所での業務(テレワーク)が可能となる。

導入実績

株式会社ワイズスタッフ
株式会社テレワークマネジメント

TOPへ戻る